読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高校生の防災学習 宮城県立登米総合産業高等学校

 

平成28年12月8日に宮城県登米総合産業高等学校で1年生215人と防災学習を行いました。学習は生徒さんから前もって質問を頂き回答する方式で実施しました。

 

質問項目は地震、津浪、台風、洪水、土石流、災害ボランティアに関する内容でした。

 

 f:id:bousaiqa:20170107091353j:plain

宮城県登米総合産業高等学校 1年生 防災学習

f:id:bousaiqa:20170107091457j:plain

宮城県登米総合産業高等学校 1年生 防災学習

f:id:bousaiqa:20170107091544j:plain

宮城県登米総合産業高等学校 1年生 防災学習

 

 

 

 

 

消防団と自主防災組織の防災研修会 4回実施しました

 

 質問項目は地震、津浪、台風、洪水、土石流、災害ボランティアに関する内容でした。 

http://bousaiqa.hateblo.jp/entry/2017/01/07/095011

 

編集

自主防災組織メンバーと消防団員が一緒に東日本大震災の教訓を生かした非常災害が発生した場合の活動要領について平成28年9月6日の第1回から毎月開催して12月7日で計画の4回を終えることが出来ました。

出席は宮城県登米市迫町 大網東自主防災会、大網西自主防災会、大網南自主防災会、管轄消防団員、迫町公民館地域指導員、登米市社会福祉協議会迫支所や登米市災害救援ボランティアセンター会員の皆様に参加いただきました。             

研修内容は自主防災組織の具体的活動要領等について実施しました。

課題として災害発生時の緊急対応体制が一つ一つの自主防災組織では確立できないことが明確になったことから連合で救助体制を作る案で検討することになりました。

4月までに災害発生時の「救助体制」つくりに支援したいと思っています。頑張ってください。

f:id:bousaiqa:20170106222141j:plain

参加者による意見交換 自主防災組織と消防団

f:id:bousaiqa:20170106221853j:plain

脚立を骨組みにした簡易担架づくり

f:id:bousaiqa:20170106221941j:plain

自主防災組織の災害ボランティア担当によるニーズ見積もり訓練

f:id:bousaiqa:20170106222021j:plain

11月研修内容 ホワイトボード

 

登米市立佐沼中学校の防災訓練に参加

f:id:bousaiqa:20170106213148j:plain

宮城県登米市立佐沼中学校3年生 避難所開設運営訓練

f:id:bousaiqa:20170106213236j:plain

宮城県登米市立佐沼中学校2年生  訓練種目

f:id:bousaiqa:20170106213035j:plain

宮城県登米市立佐沼中学校2年生  楽しくロープワーク訓練

 

今年も宮城県登米市立佐沼中学校の総合防災訓練に参加しました。

訓練は平成28年11月26日に行われました。

1年生は防災マップ作り。2年生は救命・応急手当、ロープワーク、簡易担架づくり、炊き出し。3年生は避難所開設の訓練に取り組みました。3年生は1年生からの種目をすべて実施したことになりました。

1年生のマップづくりでは生徒が事前に居住地の町内会長を訪ね、一緒に町内を巡回踏査をしたことで町内会もおおいに参考になったと評価を頂いたようです。

消防団と自主防災組織の防災研修会

非常災害が発生した場合に東日本大震災の教訓を生かした活動を行うため自主防災組織メンバーと消防団員が一緒に防災研修会を行うことになりました。

                 記

1 開  催   平成28年9月6日 19時30分から21時まで

         10月、11月、12月 の4回

2 場  所   宮城県登米市迫町佐沼字大網   コンテナおおあみ

3 出席者    宮城県登米市迫町 大網東自主防災会、大網西自主防災会、

                  大網南自主防災会、管轄消防団

4 研修内容   自主防災組織の具体的活動要領等について   

「女性の視点で防災の事前準備を考える会」開催のお知らせ

自主防災組織等防災のリーダーは依然男性が多く女性の視点での対応が遅れている 現状から「不足を補う仕組みを女性視点から考える会」を開催することにしました。

参加費は有りません。どなたでも参加を歓迎ですので、お気軽にお越しください。乳幼児を抱えた方の防災に関する意見や支援を要する方の自由な発想の意見が出ることを期待しています。

日時 3月19日午後1時から4時

場所 登米市迫町佐沼字大網 コンテナおおあみ

f:id:bousaiqa:20150303145520p:plain

平成26年度原子力防災訓練視察

避難所運営の研修として登米市会場の原子力防災災害時の関係機関訓練を視察てきました。この訓練は宮城県等が主催する平成26年度原子力防災訓練で、平成27年1月27日午前9時30分から県内の多くの場所にて同時進行で行われました。

 

登米市登米総合体育館では緊急時医療活動訓練が行われました。

 

⑴医療資機材の搬入

⑵避難住民のスクリーニング検査

安定ヨウ素剤の搬入

 

などなどが医療班診断チームや自衛隊の除洗班、サーベイ班のチェックなど女川町、石巻市東松島市南三陸町登米市からの住民避難者を対象に実施されました。

訓練参加機関の皆様は一生懸命取り組んでいる様子は見られましたが、除洗水の処理や避難所での被ばく者等の対策が見られないなど大きな課題が山積している部分も随所に見られました。

 

f:id:bousaiqa:20150211223522p:plain

訓練会場 登米総合体育館

 

f:id:bousaiqa:20150211223531p:plain

避難者搬送車両サーベイ測定

 

f:id:bousaiqa:20150211223539p:plain

避難者搬送車両の除洗作業

 

f:id:bousaiqa:20150211223543p:plain

避難者スクリー二ング検査へ

 

f:id:bousaiqa:20150211223547p:plain

ホールボディカウンタ検査

 

f:id:bousaiqa:20150211223554p:plain

検査器具

災害時避難所運営に関する事前準備研修会を開催しました

防災塾Q&A主催で、防災塾Q&A会員・登米市施設指定管理者を対象に、東日本大震災の教訓を生かした備えの知恵を出し合う「市民目線の災害時避難所運営に関する事前準備研修会」を開催しました。

 

開催日時

平成27年1月14日 9〜12時、13〜16時

平成27年1月16日 9〜12時、13〜16時

 

研修内容

1 住民の避難所運営準備

2 行政の避難所運営準備

3 施設管理者の避難所運営準備

 

4回の研修で計25名の方々に出席を頂きました。

この研修会では登米市災害時避難所運営計画と登米市災害時避難所運営マニュアルを参考にしております。

f:id:bousaiqa:20150206203902j:plain

2015.1.14午後の部意見交換

 

f:id:bousaiqa:20150206203907j:plain

2015.1.14午後の部意見交換

 

f:id:bousaiqa:20150206203912j:plain

2015.1.14午後の部研修状況

 

f:id:bousaiqa:20150206203917j:plain

2015.1.16午前の部意見交換